妊娠時の肌トラブル・ケア方法

「ベルタマザークリームは、いつから使い始めればいいの?」こんなご質問をよくいただきます。妊娠中のボディケアの必要性とスタート時期、ベルタマザークリームの使い方についてご紹介します。

妊娠時のスキンケアはいつから?

妊娠初期から重要です!

お腹が出始め、体重が増加してから使用されるお客様もいらっしゃいますが、妊娠時の肌トラブルが出る前から保湿をすることが大切です。目安はお腹周りやバスト周りの痒みです。
また急激な体重増加で出やすくなりますので食べる量が増え始めたと感じた時はケアを始めてください。

痒みが出たら肌トラブルの前兆! その前に十分な保湿ケアを!

ベルタマザークリームはどこに使えるの?

ベルタマザークリームはお腹以外にも!

お腹周りはもちろんですが、バスト、お尻、太もも、ひざの裏、二の腕が出やすいですのでケアは全体にしてください。
特に太ももはセルライトが出来やすい部分になりますので入念にケアをしてください。

痒みが出たら肌トラブルの前兆バスト・お尻・太ももにもベルタマザークリームを!

ベルタマザークリーム の使い方

500円玉くらいを手に取り、ケアする場所全体に優しく塗ります。
特にお腹周りは無理な力をかけず、優しくなでるようにしてください。
※マッサージはお腹を刺激することにもなりますので優しく保湿するようにゆっくり塗ってください!

  • シャンプーの役割

    ベルタマザークリームを500円玉くらいを手にとり優しく時計回りにゆっくり塗ってください。

  • リンス・コンディショナーの役割

    下~上にゆっくりと優しくなでる。引き上げるときに息を鼻から吸って、ゆっくり口ではいてください。肌をさすることで血行の改善にもなります。

  • トリートメントの役割

    深呼吸して赤ちゃんと一緒に気持ちを落ち着けながらゆっくりとお腹の中心から外側へ。また、らせん状くるくるとマッサージも優しくしてください。

季節によって変わるケア方法

春

冬から春への変わり目は、急激な気温変化が繰り返されます。そのストレスで肌の抵抗力が低下し、ターンオーバーやホルモンバランスが崩れやすい季節です。暖かい日は薄めに、寒い日はたっぷり塗るようにしてください。湿度が低い日は特に痒みを感じやすいので、たっぷりとベルタマザークリームを塗ってください。

夏

温度と湿度の上昇とともに、汗や皮脂の分泌が増加します。夏は汗で肌の表面はしっとりしているように感じますが、冷房やあるいは紫外線など、夏の肌はとても乾燥しやすい環境です。特に露出している脚や腕は乾燥しやすいですのでお腹だけでなく露出している箇所のケアも重点的にしてください。また汗で下着のゴム部分、髪の毛がつく場所など痒みを感じやすくなりますので要注意です。

秋

空気の乾燥が始まる季節で角質層が厚くなりやすい時期です。また季節の変わり目で肌は乾燥し始めていることに気がつかないことがあり保湿を怠りやすくなります。太腿の内側や脚の裏の柔らかい場所のケアもお腹と一緒に念入りにしてください。

冬

肌バリアが壊れ、ターンオーバーが早まることで痒みがもっとも感じやすい時期です。乾燥しやすいので全身をケアしてください。肌が乾燥してしまう原因の一つに、ホルモンの分泌の変化が関係しています。ホルモンバランスによる肌状態の変化は特に妊婦さんに起きやすく、通常以上に敏感に感じますので、念入りにケアしてください。

とってもお得な初回500円/1個定期便

※6回お受け取りで合計金額25,440円(税込)のお支払いになります。
※6回以上のお届けが必須になります。7回目以降のご解約は次回お届け日の10日前(土日祝を除く)までにご連絡ください。

PAGE TOP