天然と合成の違いって?ベルタ葉酸のおすすめPoint

コラム 赤ちゃんのために、自分のために天然を選んで欲しい

合成の葉酸サプリとは

サプリ

科学的に作られたサプリです。
「合成=石油」のイメージもありますが、全てではありません。
合成はいつでもつくることができ、天然栄養素は、野菜の収穫量や季節に限りがあります。
合成はいつでも安く、毎日継続するサプリメントにするためには合成栄養素も欠かせないといえます。
粒や量を小さくしたり、味にクセがないように飲みやすくすることが可能です。
合成の吸収率などを考えると、合成葉酸のほうが良いという考え方もあります。

天然由来のサプリとは

天然素材

天然由来とは素材そのままでは吸収できない栄養素を自然のものから抽出し、凝縮したものです。
野菜などの栄養素がバランスよく入っていて、相乗効果をもたらしてくれるのも特徴の1つです。
植物由来の成分を一緒に摂ることで吸収率が上がったり、排泄されるのを遅らせてくれます。
少ない量の栄養素でも効果が表れやすいといわれています。
葉酸は体のリズムを高めるビタミンですので相性がよいビタミンB12と摂取するも効果的です。

天然原料と合成原料を見分ける方法

商品の成分表記に単に「ビタミンC」とだけを記載されているものの多くは合成の可能性があります。天然のものは、その由来表記が可能ですので、「レモン」などビタミンCの含まれている植物名が表記されていたら天然成分ということになります。

天然と合成の違い

天然だからこそ…

無農薬野菜、有機野菜などを毎日食べることはお金もかかります。
同様に合成に比べて天然由来のサプリは抽出するためにコストがかかり金額が高くなります。

また天然がゆえに味にクセがあったり色が付いている為、合成栄養素のように飲みやすくすることが困難になることも…
合成に比べると大きさの調整、粒数が多くなる場合があります。

ベルタ葉酸サプリなら天然型酵母葉酸100%

ベルタ葉酸サプリの成分

厚生労働省は健康食品としてサプリからの合成葉酸を推奨しています。
ベルタ葉酸サプリでは元々合成葉酸だったものを効率良く摂取して頂くために酵母で醗酵培養させた栄養価の高い天然型酵母葉酸を配合しております。

ベルタ葉酸サプリならモノグルタミン酸型葉酸

葉酸にはモノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸の2種類が存在します。 ポリグルタミン酸型の吸収率は、モノグルタミン酸型の50%以下と言われており、厚生労働省ではモノグルタミン酸型を推奨しています。

必要摂取量がしっかり吸収できるモノグルタミン酸型葉酸 ベルタ葉酸サプリの思いやり、成分へのこだわり

天然と合成ではどちらもメリット・デメリットがあるといわれております。どちらが良いかは、非常に難しいところ!

安全へのこだわり

GMPを順守していると認定されている工場にて、原材料の受入試験から秤量・混合、重量チェック、クリーニング、放射能チェック、選別など合わせて18のチェック工程を経て製造・出荷しております!

美容へのこだわり

また、身体バランスによるトラブルの改善にお役に立てるようこだわりの美容成分を配合しています。

外部のコールセンターではなく、全員がベルタ酵素サプリの社員です